前へ
次へ

形式にとらわれない時の葬儀マナー

今、宗教儀礼を行わない直葬を検討する終活者が増えてきています。
葬儀マナーとして、お葬式をあげないという選択肢を快く思えない親戚、近親者もいるはずです。
しっかりお別れの場を作ることも検討しましょう。
直葬は遺体の安置後、納棺・出棺・火葬という流れで、火葬場でのささやかなお別れになります。
葬儀マナーの心得として、火葬前には読経、還骨法要などを行う形式も取り入れてみましょう。
今や自由葬も広がりつつあり、直葬にも決まりはありません。
だた、一般的な葬儀の形と少し異なるだけです。
また、終活で直葬を望むならば、前もって菩提寺の僧侶に相談しておくことも葬儀マナーです。
故人の遺志、その前に考えておきたいのは葬儀の意味です。
決して宗教的な儀礼が必要ではありません。
従来の形式にとらわれず、自分たちらしい見送り方を考える家族さえ増えています。
葬儀マナーとして、直葬を行った際は、その後の弔問者への香典のお断り、または弔問者への香典返しなど、対策は必要です。

Page Top