前へ
次へ

葬儀マナーに照らし合わせてストッキングを選ぶ

日本では女性が葬儀に出席する際に着用出来るストッキングについては、葬儀マナーにより厳格に定められています。
女性のストッキングは黒の無地であると定められていますが、真っ黒なタイツはご法度です。
葬儀マナーによれば、女性が葬儀に出席する際に着用できるストッキングは、黒の無地で、肌が透ける程度であるといわれています。
この肌が透ける程度というのが、とても難しいのです。
というのは、 人それぞれで、 肌の透け具合の感じ方が違うからです。
葬儀マナーでは、この点に配慮して、さらに厳密に決められています。
女性用のストッキングですが、その肌の透け具合を示す単位として、デニールというものが考案されています。
実際に数値で見ると葬儀にふさわしいのは、30デニール以下であるといわれています。
葬儀用として普通に売られているストッキングでは、20デニールのものが多いです。
20デニールであれば、30デニール以下という基準を満たしていますので、合格ということになります。
これは大変難しい世界です。

Page Top