前へ
次へ

葬儀マナーでは女性のストッキングは黒の無地

女性が葬儀に出席する際には必ずストッキングを着用しなければなりません。
ストッキングは黒の無地のものと葬儀マナーで決められています。
難しいのが黒のタイツはご法度であるということです。
どういうことかと言うと、ストッキングを履いた時に、肌の色が透けて見えるようなものでないといけないということです。
数値的には30デニール以下のものを着用するのがよいとされています。
気をつけるべき点は、暑い夏にあります。
女性が葬儀に出席する際には、それが猛暑の日であっても、ストッキングを着用しなければなりません。
葬儀マナーに照らし合わせれば、素足はマナー違反ということになります。
暑い夏場にストッキングを着用するのは辛いことでしょう。
ですがこれは、葬儀マナーで明確に定められていますので、日本の葬儀の場合では、女性は必ずストッキングを着用して葬儀に出席しなければなりません。
これは、できるだけ薄手のストッキングを履くということで、対応ができます。
また、涼しく感じる冷感タイプのストッキングというものが夏場には販売されていますので、それを利用されるのも良い方法です。

Page Top