前へ
次へ

葬儀マナーで大事になる供物について

葬儀マナーは多く存在しますが、その1つが供物です。
供物はいったい何かというと神仏に供えるものです。
葬儀に行くと果物や生花などが供えられている事がありますがそれが供物になります。
この供物は、なんでも供えてもOKというわけではなくて宗教によって供えるものが違います。
例えば、仏教だとお線香や果物、生花などを供えるのが一般的です。
また、神式の場合だと果物や酒、榊などがおすすめです。
キリスト教だと主に白い生花が多いです。
このように、宗教によって供えるものが違うので供物を準備する時には、まずどの宗教で葬儀を行うのかを理解しておく必要があります。
宗教によって供物が違う事を詳しく知らない人もいますが中には詳しい人もいて、例えば仏教で白い生花が供えられていると違和感を覚える人もいるのでその点は注意が必要です。
間違っても致命的な問題にはならないですが葬儀マナーを知らないと誤解されるので供物の知識を知っておく事が大事です。

Page Top